逸免利益

働くことが出来なくなったことによる失った利益を逸免利益といいます。
仮に交通事故で死亡すれば、労働能力を完全に喪失し、就労していたならば得られたであろう収入を失うことになります。また、傷病が治癒しても後遺障害がある場合には労働能力が低下し、また、収入が減少するのが一般的です。